as a Service

当社のas a ServiceはHaaS(Hardware as a Service)とSaaS(Software as a Service)から構成され、HaaSはsatelliteの名称で、SaaSはsmartの名称で展開しています

当社がas a Serviceのご提供を始めたきっかけは、当社のお客様からのご要望で、基幹システムを稼働させるにあたり、適切な専用サーバサービス、あるいは、IaaSを提案して欲しいと言われ、当社にて探すと同時に、繋がりを駆使して探したのですが、適切なサービスが見あたらなかったことにあります

お客様はシステム部門の方で、社内で稼働するシステムの要件定義や設計を主たる業務とされながら、稼働しているシステムの保守・運用、サーバ故障時の部品の取り替えやOSの再インストール、あるいは、SI事業者と話をする上で必要な技術習得のための実験なども行っておられるシステム部門の典型的なご担当者で、現在、担っている役割の一部でもできなくなるならば、サーバのアウトソーシングは難しいと言われていました。しかし、本音では、電源の管理や物理的故障に対する管理などはアウトソーシングしたいとも言われていました

つまり、その時点でのサーバサービスは、システム部門のご担当者から見た場合、ちょうどいいものがなく、IaaSは思惑と近いものはあるが、利用料が高額であるという状況だったのです

そこで当社は、システム部門の方に使っていただけることを目標にサービスを設計・実装いたしました

サーバアウトソーシングサービス satellite.server

satellite.serverと命名したサーバアウトソーシングサービスは、まさに、お客様のサテライトとして機能したいという想いを込めました。一般的な専用サーバサービスとの違いは、リモートからの電源のON/OFFはもちろんのこと、リモートからのOSのインストールなど、まさに、お客様の手元にサーバがあるように振る舞えることです

また、LinuxやWindowsだけでなく、VMwareやXenServerなど、OSやハイパーバイザを自由に選択していただけます。さらに、たたき台となるハードウェア仕様はご用意いたしておりますが、ハードウェアのフルカスタマイズにも対応し、まさに、要件定義から発生するハードウェア要求事項を満足できる構成を組んでいただけます。もちろん、1回のお申し込みで、複数台のハードウェアのご契約が可能で、お客様の思い通りに、それぞれのハードウェアに役割を持たせることができます

ここまで自由なサーバのご提供にあたり、驚愕の利用料金を設定しました。サーバアウトソーシングサービスsatellite.serverをご覧下さい

メールアーカイブサービス smart.archive

smart.archiveと命名したメールアーカイブサービスは、お客様がご指定するドメインを含むメールアドレスを持ち、お客様のメールサーバ上で送受信される全てのメールをアーカイブするサービスです

アーカイブされたメールは、送信者情報や受信者情報が保全された状態で、日付毎のディレクトリに保管されます

保管されたメールの操作には、IMAPクライアント用います。必要なディレクトリを購読したり、キーワードで検索をかけたり、普段からお使いのメールクライアントで操作していただけるため、管理者の負担を軽減しております

詳しくは、メールアーカイブサービスsmart.archiveをご覧下さい